2009年4月にヤプログ旧館よりデータ移行し、「+9超強い誤爆王のファルシオン」からリニューアルOPENしました。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | pagetop↑
( ゚д゚)ハッ!
2005/11/16
 ちょっとサイトめぐりしてたら感動物の動画に出会ったので今日はその話。最近いろんな方とのペア狩りが多くなっていろいろ考えることが出来てました。おもにMOBのタゲに関して。まずは こちら のブログの下のほうに「城2Fペア狩り」という動画があります。この動画のプリさんの動きを見ていただきたい。
 感動しました。Lydia鯖にはこんなすごいプリがいるのかと。とにかく動きや位置取りが丁寧すぎてまぶしく、これまで自分がいかにおおざっぱだったかを考えて反省しきり。「支援を切らさない」ことだけがプリの技術ではないのだ、と今更ながら気づかされました(;;`ω´)そこで自分の支援(INT≫DEX>VITプリ)について反省点。

 最近私が主にペアを組むのは、GXクルセとアサシンです。どちらと狩りにいく場合に関しても、「プリが取らなくてもいいタゲをうっかり貰ってしまう」というお粗末かつ迷惑なことをよくしでかします(;´Д`) 原因は「共闘目的のHL」と、「MOB擦り付けのための戦闘職への接近」の2点。前者の場合、プリ側の距離の取り方の甘さと、まだ戦闘職が一撃を加えていないMOBへの誤(先走り撃ち含む)HLによって起こります。また後者に関しては、私の擦り付け方が雑なことで、タゲを移したかったMOBの擦り付けに成功した後、まだ戦闘職が叩いていないアクティブ状態のMOBのタゲが 接近したことにより移ってしまうといった「堂々巡り現象」もとい「元の木阿弥現象」が発生するため_| ̄|○
 これらを防ぐには、とにもかくにも丁寧な足裁きと、ペア相手の動きをよく見ること、そして音を聞くこと。これに尽きる気がします。ペア相手から付かず離れずの良好な距離感を保ちつつ、相手が今どういう状態にあるのかをよく見る。そして音を聞いて、今相手がどのMOBを叩いているのかを目と耳から確実に把握する。私はこれが今までできていなかったのです(´ω`)
 私は正直、PT時は支援の上手い下手なんてどうでもいいような気がしています。後ディレイの関係上、人数の多い場面では絶妙な支援というのは難しいですし、各人の与ダメから塩やIMが切れたことを察するのは至難の業。それよりもPTでは「支援を切らさない」「なるべくヒールを漏らさない」「近づきすぎない」ことが優先事項だと思います。支援の真価が問われるのはペア、トリオ等少人数時であり、その時 PT時の優先事項+αをどれだけ発揮できるかで上手い・下手の判断が下されていると思います。

 「PTMの足を止めない支援」はステ振りでどうにでもなりますが、「このプリはやりやすいと感じてもらえる支援」はプレイヤースキルにかかっています。これら2つの要素を兼ね備えて初めて 私が目標とするプリになれるので、今後は以上の反省点の改善に努めつつ精進していこうと思っています。今回反省した点がどのように改善されていくか、にゃむプリとよく組んでいるみなさんの目で是非ジャッジしてください(`・ω・´)そんなこんなで今後ともよろしくおねがいします。まる。
日記 【RO】 | コメント(0) | pagetop↑
<< ヨグルの話 . HOME . そういえば >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

. TOPPAGE .

RSSAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。