2009年4月にヤプログ旧館よりデータ移行し、「+9超強い誤爆王のファルシオン」からリニューアルOPENしました。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | pagetop↑
GIFアニメ2点
2009/03/13
誤爆王エモつきちょもエモつき

誤爆王の成功率一覧表用にアニメ2点作成。双方ともに原画は30枚、あわせて60枚。
ディレイの秒数ちゃんと合わせたつもりが合ってない。なんで。
まぁいいや疲れたし、ってことで完成とし、アップロードしちゃいました。

「エモのタイミングがズレるのも逆に味って事でいいじゃねーか!」と思う自分はO型気質、
でもそう思えるようになるまで「なんでや!なんでや!」と試行錯誤を繰り返した自分はA型気質。

作成はPhotoshop ElementsとGiam。
まずPhotoshop Elementsで元絵(誤爆王静止画像)とエモ絵を合成。
29枚にも及ぶエモの位置を目測で合わせるのが面倒だったので、
一度元絵のカンバスサイズを適当に広げてから、エモレイヤをカンバスの中央にコピー。
それぞれのレイヤを合成したあとカンバスサイズを適宜戻しました。
エモつき誤爆王作成1
最新のフォトショであればこの状態から直接GIFアニメ製作できるのですが、
自宅PCには安価なソフトとフリーソフトしかないのでできません。
というわけで各レイヤを1枚ずつGIF形式で保存します。

GiamというフリーのGIFアニメ作成ソフトにて全画像を開き、
各コマの表示ディレイ(秒数)や透過色などを調整していきます。
静止画の時点で背景色を黄緑色にしているのは、ここで透過色に指定するため。
背景を白色のままにしておくと、BSのシャツの色まで一緒くたに透過されてしまったりするので
それを防ぐために、元絵には存在しえない色で塗っておくのが透過画像製作の基本です。
エモつき誤爆王作成2

さて、私がGIFアニメを初めて作り始めたのが高校生の頃。
当時はCompuServeの著作権問題でGIF画像を作るのにも色々制限があり、
お小遣いをはたいて、安いシェアウェアのGIF画像作成ソフトを使っていました。
当時は背景を透過させることのできる画像=GIFしかなく、
そのため背景透過に対応したPNG画像というものが開発されたわけですが
無事5年前にCompuServeの著作権が切れたみたいです。
おかげでいまや、無料でGIFアニメ作り放題。いやーいい時代だよ。

web上でアニメーション表現をするにはFLASHという手もありますが、やっぱりGIFが最良です。
広告バナーなんかでJPEG画像をGIFアニメにしようとすると色数の問題でざらついたりするんで
クラインアントによってはクレームついたりしますが。
(「事情があんねんふざけんなw」と言いたいけど言えない下請けの悲しさよ…)

Elementsを使わず、全部フリーソフトを使ったGIFアニメの作り方とか
そのうち紹介してみたいなと思ってます。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

◇GIFアニメ | コメント(0) | pagetop↑
<< ドル描いてみる . HOME . DOPになってみました >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

. TOPPAGE .

RSSAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。